おお  わし  やま

大 鷲 山
  (1188m) 

年月日  令和3年5月23日(日)
天  候 曇りのち晴れ
所在地  朝日町笹川
参加者  30名
記録者  T・S

 






定例山行


大鷲山の説明
大鷲山は、海抜0mから817mまで登れる山として、近年登山者の中で人気の山である。
登る時は海を背にし、下る時は海を眺めながらと景色の良い山である。
登山口から鉄塔までは急登とぬかるみでややきつい箇所あり。


7:20 朝日町役場駐車場に集合。
GCLより「班と班の間が離れすぎないように」と注意あり。

8号線沿い登山口の目印
7:35 車8台に集約し、境橋登山口に向かう。

7:55 ヒスイ海岸沿いの広場(富山湾岸サイクリングコース始発地点)に
車を止める。登山準備とラジオ体操をする。

8:00 登山口は国道8号線の山側にあり、1班から登り始める。
ぬかるみは少ないが、急登が続く。眺望はなし。

8:20 小休止
曇り空でやや肌寒い。新緑が美しい。

8:30 鉄塔下の平らな所に着く。各班が揃うのを待つ。小休止(5分)

8:55 小休止
道は少しなだらかになってきた。時々、木々の間から海が見える。

9:15 木々が少なく展望が良い。
新幹線路・高速道路の上下線の3本のトンネルが並んで見える。

9:25 班と班との間が離れたので、待つ。ツクバネソウが咲いている。


9:50 再び班と班の間が、離れたので待つ。

10:00 展望広場(標高749m)に着く。
「緑風」と彫られた大きな石碑あり。
エメラルドグリーンに輝く日本海が美しい。
各自、記念写真を撮り休憩。

10:15 林道を横切り、ピンクの花が満開のタニウツギが
咲く道沿いから、再び登山道に入る。

10:45 小休止 曇り空。

11:10 再び急登。各班の間が離れすぎないように登る。

うれしい言葉でお出迎え

11:25 頂上に到着。標柱と三角点。
風が、かなり強く吹いている。残念ながら周囲の景色は見えない。
ランチタイムとする。

12:15 集合写真を撮り、4班から下山開始。
急勾配なのでゆっくり下りる。

12:45 小休止 天候が回復し海が美しい。
衣服の調節をする。

13:20 展望広場に着く。15分休憩。
眺望がよく白鳥山が見える。


エメラルドグリーンの日本海を背に 林道から白鳥山を望む 小屋も見えた

金剛川登山口の看板

13:55 小休止

14:20 小休止
登りで歩いた鉄塔下の道でなく、北西方向へ階段が続く
金剛川登山口に出る北電の作業道を歩く。

15:05 金剛川沿いの林道に着く。

15:20 ヒスイ海岸沿いの駐車場に到着。8台の車で朝日町役場に向かう。

15:45 朝日町役場に到着。クールダウンの体操をして解散。

運営委員長からの連絡
コロナ禍の状況から、7月4日予定の「伊吹山」山行を「東笠山」に変更する。


朝は曇り空で雨の心配もしたが、午後からは天気も回復し、
展望広場では近隣の山々と海が見えて日本海の美しさを再発見できました。
役員・担当の方々ありがとうございました。



眺望ゼロの山頂 残念でした