五色ケ原の森 
 (カモシカコース)
  (最高地点 1620m) 

年月日  令和元年 7月 7日(日)
天 候   曇り 一時雨
所在地  高山市丹生川町久手  
参加者  19名
記録者  Y.M

 






定例山行

4:50 新富観光BCに集合。時間厳守!ということで早めに集合したが、5時を 過ぎても一向にバスは、現れない。
    ガイド付きのコースということでスタートの時間が決まっているため、 しびれを切らした私たちは、急きょ
    マイカー5台で乗り合わせて行くことに。

5:15 新富観光BCを出発。
    時間に間に合うか心配されたが、7時10分 無事に五色ヶ原の森案内センターに到着した。

7:30 センターで事前の説明を受ける。今回は、カモシカコース全 6.7qを歩く。
 
7:45 入口 出発  1360m

8:30 黄ハダ之水場

9:10 久手御越滝  1500m〜ぐっと登り


久手御越滝 池之俣御輿滝
10:05 牛首 小休憩  1620m〜ぐっと
    下り

10:45 池之俣御輿滝  1450m
    
11:30 炭木岩

11:50 烏帽子小屋  1500m〜下り
    昼食 きれいな小屋 水洗トイレ
    あり

12:25 出発

12:40 沢胡桃沢

12:50 ネズ壁  1510m〜下り

13:10 青垂滝(雄滝・雌滝)  1420m

13:50 カンバ尾  1520m〜登り

14:20 横手前

15:05 布引の滝

15:20 出合い小屋 集合写真撮影
    これよりバスに乗りガイドさんの話を聞きながら案内センターに戻る。


    ガイド料が参加者1人につき9000円。 少し高額だが、ガイドがいないと入れない 山だという。
    どんな山か?と、興味を持ち参加を決めた。
    いつもの頂上に向かってひたすら登るような山とは異なり、ガイドさんの説明を聞きながらゆっくり
    森を歩く。

    乗鞍はゴツゴツとした剣ケ峰しか行ったことが無かったが、ここ乗鞍山麓の森は豊かで広かった。
    いくつかの川を越えるため、アップダウンを繰り返す。川を越えるたび見事な滝に出会い、じっくり説明を
    聞きながら滝を堪能した。
    
    火山特有の柱状節理。シラビソ、コメツガなどの針葉樹林。ミズナラ、ブナ、ダケカンバ、カエデ、シラカバ
    サワグルミなどの広葉樹の林が広がる。 秋も紅葉で美しいに違いない。

キソエビネ ショキラン

    珍しいキソエビネ、ショウキランなどが道端間近に見られた。
    サンカヨウは、Y字に大きな葉と小さな葉からなり小さいほうに実がなる等、知らなかった知識を教えて
    もらえるのもガイド登山の良さ。  たまにはこういう山行もよいものだった。

    朝、前代未聞のハプニングもありましたが、リーダーには臨機応変に対応していただき無事終了いたし
    ました。
    お疲れのなか、マイカーを出していただいた5名の方々、本当にありがとうございました。


歩ききり出合い小屋前にて