ささづやま   だいじょうごやま

笹津山〜大乗悟山
  (大乗悟山590m) 

年月日  令和3年3月14日(日)
天  候 曇りのち晴れ
所在地  富山市 (旧細入村)
参加者  24名
記録者  M・Y

 





定例山行



早朝天候が危ぶまれたものの、ダム駐車場に集合した時点で幸いにも好天に転じたようである。
以下に、行程概略を記します。


8:25 神通川第二ダム集合地(約100m)にて、GCLから雪解けによりワカンを使用しないこと、
周回コースをとることなどの説明があり、先ずは八幡宮まで行き、
境内でラジオ体操をして出発するとの発言があった。

8:50 体操後、「笹津山 (532m)」に向けて出発する。

9:20 林道を辿りつつ鉄塔前を経て、風の城が見える開けた地点に着く。
これよりヤブ漕ぎしながら急登をつめていく。





10:02 三角点(387m)に、所々で雪渓を踏みしめて登る。

10:10 休憩。

10:38 山頂直下の反射板展望台(笹津山を背負うように位置する)に着く。
ほどなく笹津山への分岐を右に分ける。 同座は眺望が利かないため、パスすることに。
しばらく後に進行方向の右手から夫婦山とおぼしき山が見えてきた。

10:50 乗悟山コルで休憩。
例年より積雪が少ない状況で、木々の根開きが数多く散見された。

            
対岸の小佐波御前山 お腹が空いたね雪解けが進む山頂


11:35  「大乗悟山(590m)」着。
対岸の小佐波御前山を指呼の距離に臨み、それぞれ車座になって昼食とする。
風もなく温かく心地よいひと時を過ごす。

食後、GCLから東・西笠山、弥陀ヶ原・美女平、大辻山、濁谷山など山座の説明があった。
幾重にも無数に折り重なる山嶺に眼福を養った。


広々とした山頂から、小佐波御前山と北アルプスの山並みを臨む


12:45 写真撮影後、下山開始。
GCLの巧みな林道のショートカットを重ね、天湖森へ向かう。

14:35 駐車場到着。ミーティング後、散会。


特筆することはありませんが、全員怪我もなく下山できたことが何よりでした。
いつもながら行き届いた担当役員の方々に敬意を表するとともに、
参加者された皆様、お疲れさまでした。




笑顔が最高!!





ページトップへ